雨の水滴とおさらば!シールドに撥水コーティングをしてみた

私は普段原付に乗っているのですが、

「雨の日は、ヘルメットのシールドに水滴がついて視界が悪い」

そう感じていました。

何とかならないかなと考えていた時、あることを思いつきました。

撥水コーティングしたらいいのではないかと。

さっそくやってみました。

スポンサーリンク

材料

今回使ったのはこちらです。

クリンビューガラスコートハイブリッドストロング。

車の窓やミラーに使うガラス撥水コーティング剤です。

知人に、これを車のフロントガラスに塗ると雨粒が流れていくんだ!とゴリ押しされたため、試してみることにしました。

商品の説明には、時速38km/h以上で、雨が吹き飛ばされると記載されています。
実際にはもう少しスピードを出すと、ワイパーをあまり使わなくて済むそうです。


説明を見るとガラス用で、プラスチックには使用しないようにと書いてあります。
でもまあ大丈夫だろうと思いやってみました。

私は今のところ問題なさそうです。

が、おこなう際は自己責任でお願いしますね。

やり方

まずシールドの表面をタオルなどで綺麗に拭きます。

汚れがない状態になったら、コーティング剤を塗っていきます。

ボトルをよく振ってキャップを取ります。

キャップを取るとフェルト面が出てくるので、それ密着させて満遍なく塗ります。

塗り終わったら5~10分ほど置きます。

表面が白くなるので、白くなったら固く絞った濡れタオルで全体的に拭きます。

まだらな部分がなくなればOKです!

撥水効果はいかに

あっという間にコーティングができました!

見た目は透明でコーティング前と変わっていないようにも見えますがどうなったでしょうか。

今回も動画を撮ってみました。

シールドに向かって霧吹きで水を吹きかけてみました。

どうですか!!

このはじき具合!!

水が勝手に落ちていきます!

もう感動でした。

実際に雨の日に稼働してみると、
水滴が完全になくなるわけではないものの、コーティングする前よりも視界が良くなった気がしました


一度塗ると3~4ヶ月ほど持つそうです。

実際には雨の水滴を拭いたりすると、もっと早く効果が薄れる気がします。
しかし、容量が多いため、そんなに気にすることなく塗り直せるのも嬉しいポイントです。

容量は普通車のフロントガラス15台分に使用可能だそうです。

気をつけること

ガラス専用のため、プラスチックのシールドに塗るともしかしたらトラブルが起きることもあるかもしれません。

どんな不具合が起きるのか調べてみたのですが、
Amazonでは「外国製の車に使ったらトラブルが起きた」と「白っぽくなる」ということが書かれていました。

念の為ガラス以外におこなう時は、目立たないところに少しつけてみて、不具合が起こらないか確認するといいと思います。

ハイブリッドストロングは使い切れなくて余ってしまっても、
車のフロントガラスやミラーに使うことができます。

車を持っている方は、車にも使うと、雨の日の車の運転も快適になると思います。

まとめ

ヘルメットのシールドに撥水コーティングをしてみました。

撥水コーティングをすることで視界が良くなり、運転がしやすくなります。

これで雨の日の稼働も少し快適になるのではないかと思います。

よかったらやってみてくださいね。


追記

原付の屋根のフロント(樹脂)に撥水コーティングをしてみました。

樹脂OKの撥水コーティングを使ってみたのですが、シールドも樹脂なので、樹脂OKのコーティング剤の方がいいかもしれません。

個人的にはガラコブレイヴがいいかなと思いました。

詳しくは、プラスチックの撥水コーティングのおすすめ 撥水具合の比較と考察でまとめてあるので、気になる方はこちらも見てみてください。



追記

雨の日はシールドの内側が曇ってしまい、視界が悪くなることもあると思います。

それを防ぐために、曇り止めについて検証した記事もあります。
よろしければこちらも合わせてお読みください。

より視界がクリアになると思います。
曇り防止!メガネ・ヘルメットのシールドの曇り止めのやり方




追記

他にも配達を快適にするアイテムを紹介しています。

こちらの記事にまとめてあるので、よかったら読んでみてください。
ウーバーイーツ おすすめグッズ紹介 配達を快適にしよう【便利グッズ編】

コメント

タイトルとURLをコピーしました