【もう後悔しない】買い物の失敗を減らすコツ

「買ったけど1回も使っていない」
「買う時はとても魅力的に見えたのに、いざ使ってたみたらそうでもなかった」

こんな経験はありませんか?

この記事では、買い物の失敗を減らすためにやるべきことをまとめました。

スポンサーリンク

買い物の失敗を減らすコツ

結論を言うと、買い物の失敗を減らすためにやるべきことは、「しっかり考えてから買う」ということになります。

具体的に見ていきましょう。

衝動買いをしない

ふらっとウィンドウショッピングしている時や、ネットでなんとなく商品を見ている時。

「可愛い!」「便利そう!」「欲しい!」

そう思ってつい買ってしまう。
そんな衝動買い。

その時は楽しいのですが、あとから残念に思うことが少なくありません。

衝動買いが良くない理由は、冷静に判断ができないからです。

素敵なものを見つけてワクワクして、その感情にまかせて買っているような状態です。

買ったあとで、「すでに同じようなものを持っていた」とか「あまり使う機会がなくて結局放置」なんてことになりやすいです。

いいなと思ったものでもすぐに買うのではなく、一晩考えるなど時間を置いてから買うか決めることで無駄な買い物を防げます。

レビューや口コミをチェック

買う前にその商品のレビューや口コミがあればチェックしてみましょう。

実際に購入した人の意見を知ることで、デメリットなどにも気づくことができます。

実際に使っている場面を想像する

服でも家具や雑貨でもどんなものでも買う前に、それを使っている場面を想像してみてください。

もの単体が素敵でも、実際に使ってみたら合わなかったということも起こりえるからです。

服なら、「コーデしづらい」「着ていける場面がない」など。

家具や雑貨なら、「部屋に置いた時にサイズやバランスが合わない」「色合いがほかの家具と合わなくて部屋の統一感を崩してしまう」など。

このようなことが起こると、せっかく買っても結局使わずに放置しているなんてことになりやすくなってしまいます。

タンスの肥やしにならないためにも、買う前に実際に使っている場面を想像しましょう。

まとめ

買い物の失敗を減らすためにやるべきことは、

・衝動買いをしない
・レビューや口コミをチェック
・実際に使っている場面を想像する

です。

じっくり考えてから購入することで、失敗を減らすことができます。

また、思い入れが強くなることで、ものを大切にすることができます。

無駄な買い物をなくすために、ぜひ今日から取り入れてみてくださいね。



追記

買ったけど使っていないものがあるという場合。

使っていないけど捨てれなくて困っているということはありませんか?

そんな時はどうするべきか、こちらの記事も参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました