服を捨てる基準と、服の数は少ない方がいい理由

たくさんある服。

処分したいけど、どれを捨てるべきかどうやって判断したらいいかわからない。

そんなことはありませんか?

この記事では、捨てる服の選び方をまとめました。

また、服の数は少ない方がいい理由も書きました。

スポンサーリンク

服を捨てる基準

どういう服を捨てるべきなのか、私は以下のことを基準に判断しています。

汚れ、ほつれ、毛玉、においなどがある

たくさん着るほど、時間が経つほど、服は消耗していきます。

見た目やにおいで古くなったなと感じたら、そろそろ役目が終わる頃だと思います。

大切な人に会う時にその服を着ていくことはできますか?
もしできなければ手放すべきでしょう。

サイズが合わない

例えば太ってしまって着れなくなった服。
痩せたら着ようと思ってとってある。

こんな場合はどうするべきでしょうか。

その服を見ることでダイエットに励むきっかけになっているなら、残しておいていいと思います。

それとは反対に、クローゼットで眠っていて「いつか痩せたら着ようかな」ぐらいの思いなら処分するべきです。

今行動しない限り、いつかは基本やってきません。特に努力もせず、ある日突然痩せるなんてことは考えにくいですよね。

痩せたらその時の自分の好みに合う服を買うというほうが気分も上がると思います。

1年以上着ていない

長く着ていないものには理由があるはずです。

機能性がいまいち、コーデしづらい、高かったから、貰い物だからなど。

しかし、どんな理由があっても着ていないものは着ていない。これから先も着ることはないでしょう。

とはいえ、1年というのは結構厳しい条件かなとも思います。
「2年以上着ていない」というルールでもいいかもしれません。

いずれにしても、長く着ていないものは、今後も着る可能性は低いでしょう。

服単品が良くても、服を着るのとは別の話です。

時間が経って、似合わなくなったり好みが変わることもあります。

こういう時も手放す時期だと思っています。

服の数は少ない方がいい理由

服はたくさんあるとコーディネートの幅が広がるなど、良い面もあります。

しかし、デメリットもあり、必要以上に持つべきではないと思っています。

服の数は少ない方がいい理由は以下です。

管理が楽

服は持っているだけで、収納スペースを取るだけでなく、管理の手間も発生します。

除湿、防虫などです。

服が多ければ、風通しが悪くなり、それだけ除湿剤や防虫剤を用意する必要があります。

服が少なければ、これらの手間も少なくなり、労力やお金の節約に繋がります。

服を選ぶ時間と労力が軽減

毎朝服を選ぶ時間。

服がたくさんあると選択肢が多くなり、選ぶのに時間がかかります。また、選択するのに悩みやすくなります。

選択をする時にはエネルギーを要します。選択肢が多いほど、悩むほど、エネルギーを消耗し疲れてしまいます。

服が少なければ、選択肢が少なくなり、選ぶ時間や労力を減らすことができます。

着倒すことで手放す時もすんなり手放すことができる

服が少ないと自然とひとつの服の着る頻度が高くなります。

そうなると、古くなって手放す頃には着倒していることが多く、すんなりと手放すことができます。

まとめ

服を捨てる基準は、

・汚れ、ほつれ、毛玉、においなどがある
・サイズが合わない
・1年以上着ていない

です。

服は消耗品でいつかは手放すべきであること、長く着ていないものはこれから先も着ることはないと考えましょう。


服の数は少ない方がいい理由は、

・管理が楽
・服を選ぶ時間と労力が軽減
・着倒すことで手放す時もすんなり手放すことができる

です。

数が少ないことで、時間、お金、労力を節約できます。


定期的に見直し、身軽な人生を送りましょう。



追記

あなたは誰かから服を貰うことはありますか?

タダで貰うことは得したように感じますが、実はいいことばかりではなかったりします。

貰い物の服を着ることのデメリットにはどんなことがあるのかは、こちらの記事をお読みください。

タイトルとURLをコピーしました