なぜ着ていない服が増えるのか 服を着なくなる理由と対策

「クローゼットを見ても着たい服がない」

「服はたくさんあるのにどうして着たい服がないのだろう?」

そう思うことはないでしょうか。

なぜ着ていない服が増えるのか、そして服を着なくなる理由と対策をまとめました。

スポンサーリンク

服を着なくなる理由

以前はよく着ていた服でも、さまざまな理由から着なくなることがあります。

それがこちらです。

服を着なくなる理由

・手入れが大変
・ボロボロになったから
・環境が変わったから
・体型が変わって着られなくなった
・機能性や着心地が悪い
・流行遅れ
・似合わない
・コーディネートしにくい
・着ていく場面がない

詳しく見ていきましょう。

手入れが大変

服によってはクリーニングやアイロンがけが必要なものがあります。また、ほこりがつきやすい服などもあります。

このような服は手入れの面倒くささから、だんだんと着なくなってしまうことがあります。

ボロボロになったから

たくさん着て、汚れ、ほつれ、毛玉などができてしまった服。

そんな服を外に着ていくのは恥ずかしいという思いから着なくなることが多いでしょう。

環境が変わったから

出社より在宅勤務が増えた、転職した、出産し子育てを始めたなど、環境が変わった時。

環境が変わると着る服の傾向も変わることがあります。

体型が変わって着られなくなった

太ってしまい着ることができなくなった。

以前は着れていたし、いつか痩せたら着ようと思ってとってあるなんてこともありがちです。

機能性や着心地が悪い

ポケットがない、汗の蒸発がしにくいなど、機能性がいまいちな服。

チクチクする、ピチピチで動きにくいなど、着心地がいまいちな服。

このような服は不快なので着なくなってしまうことが多いです。

流行遅れ

デザイン的に今着たら古くさく見えてしまう。

流行りすぎたものは流行が終わると着づらくなりがちです。

似合わない

月日が経つと以前はよく着ていた服でも似合わなくなることがあります。

年齢に合わないという感じですね。好みが変わることもあります。

このような服も着にくいでしょう。

コーディネートしにくい

服単体はすごく素敵。だけどコーディネートするのが難しい。

どうやって着たらいいかわからず、クローゼットに放置されがちです。

着ていく場面がない

服単体は素敵だけど、今日着るのは違うな。

そんなふうに月日が経ち、結局着ていないままになってしまう。

着ていない服はどうするべきか

これらの着ていない服は手放すべきです。

このままクローゼットにあり続けても、着たいと思わないのなら今後も着ることはないでしょう。

こんなふうに着ていない服が増えるのは悲しいですよね。

着ていない服が増えないためにできることを考えました。

着ていない服をなくすためにできること

着ていない服が増えないためにできることはこちらです。

着ていない服をなくすためにできること


・試着してから買う
・素材や洗濯表示を確認してから買う
・どうやって着るのかコーディネートを考えてから買う
・どんな場面で着るのか考えてから買う

試着することで、機能性や着心地、自分の体型に合うか確かめることができます。

素材や洗濯表示の確認は、手入れのしやすさを確認するためにおこないます。

コーディネートを考えることで、いざ着る時にも困りません。3パターン以上のコーディネートが思い浮かぶと良いといわれています。

どんな場面で着るかを考えておけば、着る場面がないということを防げます。

まとめ

服を着なくなる理由は、

・手入れが大変
・ボロボロになったから
・環境が変わったから
・体型が変わって着られなくなった
・機能性や着心地が悪い
・流行遅れ
・似合わない
・コーディネートしにくい
・着ていく場面がない

です。

これらの服は今後も着ない可能性が高いので処分するべきです。


着ていない服をなくすためにできることは、

・試着してから買う
・素材や洗濯表示を確認してから買う
・どうやって着るのかコーディネートを考えてから買う
・どんな場面で着るのか考えてから買う

です。

見た目だけで判断したり、衝動買いをしたりせず、買った後のことも考えてから買うようにすると、結局着ていないということを防げます。

しっかり服と向き合うことで、その服を大切にすることもできると思います。


着ていない服がなくなると、自然とクローゼットの中は着たい服ばかりになるはずです。

開けるたびに気分も上がると思います。

そんなワクワクする素敵なクローゼットを目指したいですね。



追記

記事の中には書きませんでしたが、貰い物の服も着なくなる可能性が高いと思っています。

なぜ貰い物の服は良くないのか、こちらも合わせてお読みください。

タイトルとURLをコピーしました