【初心者向け】断捨離はなにから捨てたらいいのか

断捨離をしようとした時、なにから始めたらいいか迷うことはありませんか?

断捨離初心者でもやりやすいように、どこから始めるべきかをまとめました。

スポンサーリンク

なにから捨てるか

基本的には捨てやすいものから始めるのがおすすめです。

思い出のものなどは、判断するのが難しく作業が進まなかったり疲れてしまいやすいからです。

なので判断が簡単なものから始めていくと考えましょう。

明らかなゴミ

紙袋、ビニール袋、空き箱など。

気づいたら溜まりがちなものたち。

なにに使うか・いつ使うのかをはっきりさせて、用途が決まらないものは処分しましょう。


例えばiPhoneの箱。売る時にあったらいいかもと思ってとっていませんか?
正直言うと必要ないです。
私も昔、一応と思ってとっていましたが使うことはありませんでした。箱がなくても売れます。

大抵の空き箱は使うことがないです。家電の空き箱は処分しましょう。

数が増えがちな袋類は、保管しておく数を決めましょう。

期限切れの食材

冷蔵庫の中やキッチンにある食材をチェックしてみましょう。

食材は期限が書いてあるので判断しやすいです。

期限が切れているものや、開封してから時間が経っているものは処分します。

レシートや期限切れのクーポン・ポイントカード

財布の中にも期限切れのものがないかチェックしましょう。

期限が切れていたら使えないのでもう必要ないですよね。

不要なレシートも一緒に処分します。

ボロボロの服

毛玉、汚れ、ほつれなどでボロボロの服。

外に着ていくのは恥ずかしいと思ってしまう服は処分しましょう。

部屋着に降格させるのはなしです。

壊れているもの

インクの出ないボールペン、切れないハサミなど。

もう使えないものや、使いにくいものも、処分しましょう。


断捨離には「物への執着から離れて、身軽で快適な人生を送る」という意味もあります。

「まだ使えるもの」ではなく「使いたいもの」を残すようにし、そうでないものは手放しましょう。

まとめ

断捨離は捨てやすいものから始めるのがおすすめです。

・明らかなゴミ
・期限切れの食材
・レシートや期限切れのクーポン・ポイントカード
・ボロボロの服
・壊れているもの

など。

捨てるのは辛いことでもあります。
捨てるということに慣れるためにも、捨てやすいものから始めるのがおすすめです。

不要なものを手放せば、空間も気分もスッキリします。

身軽で快適な人生の第一歩を踏み出しましょう。

タイトルとURLをコピーしました