Ankerのモバイルバッテリーの比較とレビュー

portable charger

モバイルバッテリーと言えばAnker。
レビューも多く、世界中で販売され、アンカーを選んでおけば間違いないと言えるぐらい有名です。

今回はアンカーのモバイルバッテリーの「10000mAh」と「20000mAh」のスペックや使い勝手比べてみました。
mAhはミリアンペアアワーと読み、数字が大きいほど容量が大きいことになります。

選ぶ時の参考にしてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

スペックの比較

今回比べてみるのは「Anker PowerCore 10000」と「Anker PowerCore Essential 20000」です。

portable charger
10000mAh20000mAh
サイズ9.2×6.0×2.2cm15.8×7.4×1.9cm
重さ180g343g
出力容量目安iPhone 11 / 11 Proに約2回iPhone 11 / 11 Proを4回以上
入力5V = 2A5V = 2A
出力5V = 2.4A5V = 3A
(各ポート最大2.4A)
入力方法Micro USBUSB-Cと
Micro USB
出力方法USBポート1つUSBポート2つ
保証最大24ヶ月最大24ヶ月
値段2799円3999円


見た目の差は画像のようになります。
10000mAhはカードと同じぐらいの大きさ、20000mAhはスマホ(iPhone 11 Pro)よりも少し大きいぐらいです。

大きさの比較


厚みの差は3mmで、そんなに差があるようには見えないですね。

厚みの比較


重さは2倍ぐらいの差があります。
私はもともと10000mAhの方を使っていたので20000mAhはやっぱり重いなあと感じていました。
それでも慣れるとそこまで気にならなくなりました。


充電できる目安は、10000mAhは iPhone 11 なら2回分となっています。
20000mAhは iPhone 11 を4回充電できるほどの容量があります。
個人的には、スマホの充電なら一日使っても10000mAhで十分足りています。


モバイルバッテリー本体を正常に充電するためには、5V = 2A以上出力できるACアダプターが必要になります。
iPhone 11以降のモデルやiPadに付属してくるACアダプターは5V = 2A以上だと思います。
アダプターに記載があると思うのでそれを確認しましょう。
1Aだと弱くて充電できないことがあるそうです。

充電にかかる時間は、レビューを見たところ10000mAhは4時間5時間6時間などといろいろ書かれていました。
アダプターによって出力の強さが違うため、充電時間はそれによって異なるので一概には言えないということでしょう。


20000mAhでは、USBポートが2つあり、出力を2つ同時におこなうことができます。
例えば冬ならスマホを充電しながら電熱ベストを使うなんてこともできて便利だと思います。
特にバイク稼働の方は、冷たい風をガンガン浴びることになるので、電熱ベストがあると配達しやすくなると思います。

入力ポートは、2つ同時に使用することはできないようです。
Micro USBだけでなくUSB-Cもついていますが、一度に使えるのはどちらかだけになります。
また、入力専用なので出力には使えないことになっています。

それから20000mAhの特徴としては、メッシュ加工で汚れや傷がつきにくいこと、低電流で充電することもできます。
Bluetoothイヤホンやスマートウォッチを充電する時は、低電流モードがいいそうです。

低電流モードのやり方
電源ボタンを2回押すか2秒間押し続けます。
LEDライトが緑色に点灯したら低電流モードになったことになります。これで充電します。
低電流モードを終了する時は、もう一度電源ボタンを押します。


保証はどちらも最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、Anker会員には+6ヶ月の延長保証が付く)ということになっています。


値段は1200円の差ですが、変動することがあります。


2回充電できるだけで十分、なるべく軽い方がいいという方は10000mAhを、
容量はたくさんほしい、2つ同時に使いたいという方は20000mAhを選ぶといいと思います。

Amazonではタイムセールをやっている時もあるようです。
たまにセールをしている時があるのでチェックしてみるといいと思います。

ちなみにこの他にも、もっとスリムなタイプや急速充電が可能なモデルもあるみたいです。

  

充電ができるスマホホルダーという選択も

また、充電ができるスマホホルダーを使うというのもありだと思います。

車両から電源を取れるバイクなどなら、スマホをスマホホルダーに付けるだけで充電ができるので便利だと思います。

こちらのツイートが分かりやすかったです。

充電ができるスマホホルダーはこちらです。

スマホホルダーについては、フードデリバリー配達員の必需品!スマホホルダーの選び方とレビューに配達員におすすめなスマホホルダーを比較したことを書いています。

よければこちらも読んでみてください。

  

Ankerのロボット掃除機もおすすめです

アンカーと言えばモバイルバッテリーが有名ですが、実はロボット掃除機も販売しています。

Eufyユーフィというモデルです。

ロボット掃除機の中では低価格ですが、性能はしっかりしています。

まだロボット掃除機を使ったことがない方にはぜひ使ってもらいたい一台です。
私も愛用しています。

このユーフィを使ってみた感想などは、ロボット掃除機初心者向け!2万円以下で買えるロボット掃除機の比較と感想に書いています。

記事の後半に書いてあるので、よかったら読んでみてください。

ロボット掃除機を使うようになって、いつも部屋が綺麗になり自分の時間も増えました。

  

まとめ

アンカーのモバイルバッテリー「10000mAh」と「20000mAh」を比べてみました。

「Anker PowerCore 10000」は、小さくて軽い、スマホの充電なら約2回分、安価、

「Anker PowerCore Essential 20000」はスマホの充電なら約4回分、2つ同時に使うこともでき、USB-Cでの入力も可能、汚れや傷がつきにくく、低電流で充電もできる

というのが特徴です。

ぜひ自分の稼働スタイルに合うモバイルバッテリーを選んでくださいね。



他にも配達を快適にするアイテムを紹介しています。

こちらの記事にまとめてあるので、よかったら読んでみてください。
ウーバーイーツ おすすめグッズ紹介 配達を快適にしよう【便利グッズ編】

コメント

タイトルとURLをコピーしました