もうベリベリしない!マグネットウバッグを作ってみた

Uber Eatsの黒いバッグは、蓋をマジックテープで固定するように作られています。

このバッグです。

でもこれ開閉する時にベリベリとマジックテープを剥がすのはちょっとストレスに感じていました。

そこでマグネットに変えたらどうなるんだろうと興味本位でやってみました。

試行錯誤して、壊れにくく雨でも大丈夫な使い心地抜群のバッグが出来上がりました!

作り方や使ってみた感想を書こうと思います。

最初は記事にする予定はなかったので写真があまりないですがご了承ください。

スポンサーリンク

もともとは

もともとはマグネットを両面テープでくっつけて使おうと思っていました。

ある動画を参考にさせてもらい作ってみました。

縫いつけられているマジックテープを取って、その部分にマグネットテープを両面テープで貼り付けました。

いい感じにできたのですが、少し時間が経つとテープが合わなかったのかマグネットが剥がれてきてしまいました。

何度くっつけてもマグネットが取れてきてしまいどうしようもならなくなってしまいました。

マジックテープはボロボロに取ってしまったしこのままだと稼働できないと悩んだ末に、マグネットを縫いつけてしまえば取れないんじゃないかと思いました。

とは言ってもマグネット自体を縫いつけることはできないので、マグネットを布で包み、その布を縫いつけることにしました

 

材料

用意したもの

マグネットテープ2種類

裁縫道具

ミシン

マグネットテープはダイソーで購入しました。

幅3cm 長さ1mのものと、幅2cm 長さ1.5mのものです。

布の素材は綿(コットン)でいいと思います。摩擦や水にも強いはずです。

私は適当に家にあったものを使いました。

ミシンはなくてもできますが、あった方が断然楽にできます。

 

作り方

まずマグネットテープをカットします。

幅3cmのほうが本体に、幅2cmのほうが蓋につけるようになります。

幅3cmのほうを22cm×2本、41.5cm×1本

幅2cmのほうを21.5cm×2本、40cm×1に切ります。

合計6本。

ちょっと誤差があるかもしれないので、実際にバッグと重ね合わせながら切るといいと思います。



次はそのマグネットを包めるだけの布を用意します。

本体側(幅3cmのほうのマグネット)には、縦7cm横25cm×2本、縦7cm横44.5cm×1

蓋側(幅2cmのほうのマグネット)には、縦5cm横24.5cm×2本、縦5cm横43cm×1にしました。

マグネットを包めればいいので、ざっくりと測って切りました。

布は切りっぱなしだとほつれてくるかもしれないので、心配な場合は専用のノリを塗るといいです。

すぐにほつれることはないと思いますが、長く綺麗に使いたいので塗っておくことにしました。

私はホツレーヌというノリを使っています。

その名の通り、布のふちに塗るとノリで固められてほつれにくくなります

塗ったらしばらく置いて乾かします。

1時間から数時間ぐらい置いておけば乾きます。


この間にウバッグのマジックテープを取ってしまうのもいいかもしれません。

縫いつけられているので糸をはさみで切っていけば取れます。

ついでに、マジックテープの周りにモサモサしたものがあったらこれも切ると見た目が良くなります。

マグネットに変えれば今後このモサモサができることもなくなります。



ノリが乾いたらマグネットを包みます。

マグネットから5mmぐらい間があくようにして爪でなぞって跡をつけて、ミシンで縫いました。

この余白が小さすぎるとバッグに縫いつける時に大変なので注意です。

6本とも同じように作ります。



これができたら、いよいよバッグに縫い付けていきます。

ここが一番大変でした。


本体と蓋とそれぞれに縫いつけるのですが、本体のほうは手縫いで縫いつけました

本体側はバッグがへたらないよう板を入れれるように生地が2枚に重なっていますが、外側の1枚だけに縫いつけるため、1枚だけをミシンで縫うのは難しいと思いました。
(2枚重ねて縫ってしまうと、板が入らなくなってしまいます。)

なので手縫いで縫いつけることにしました。

緩んだりしないようにきっちり細めに縫っていきました。

ウバッグは生地がしっかりしていて、針が通りづらいというか結構力がいると感じました。

これを3本分、、、。

手縫いなので時間もかかりました。

なんとか気合で乗り切りました(笑)


本体に縫いつけたら、蓋のほうに縫いつけていきます。

蓋のほうはミシンで縫うことにしました。

本体より生地が薄そうだったのと、本体とは違いミシンで縫いつけることができると思ったのです。

とは言っても、バッグの生地とマグネットを包んだ布を合わせるとそれなりに厚みもあって、一般のミシンだとギリギリできるかなという感じです。

大きなバッグを抱えながら、ずれないように慎重にミシンを通していきました。

ウバッグって3kgほどあるみたいなんですよね。

それを抱えながら、ミシンを通していくというのも骨の折れる作業でした。


縫いつけれたら完成です!

 

マグネットウバッグを使ってみて

実際に使ってみました。

これは、、、

かなりスムーズ!!

今までのベリベリしてた労力や時間はなんだったんだろうっていうぐらいスムーズに開閉できます!

開けるのも閉めるのも一瞬です!

また、縫いつけてあるので雨で濡れたりしても剥がれてしまう心配もありません

正直マグネットを縫いつける作業は大変でしたが、やってよかったと思いました。



ひとつ注意することは、マジックテープほどの接着力はなさそうです。

蓋についている取っ手を持ってバッグを持ち上げると蓋が開いてしまいます。

バッグを持ち上げる時は、蓋は持たずに本体ごと持って持ち上げるのが安全です。



このマグネットウバッグを作るのには半日ほどかかりました。

マジックテープを剥がしたり、ノリが乾くのを待ったり、手縫いしたりと結構時間はかかりました。

思っていたより大変だったので、もしやってみようと思ってくれた方がいましたら、そこは覚悟したほうがいいかもしれません(笑)

手間はかかりますが、作ってみる価値はあるのではないかと思います。

私はマグネットウバッグかなり気に入っています。

気になった方はぜひ作ってみてくださいね。



追記

もっと簡単にマグネット化する方法を見つけてしまいました!

裁縫道具もミシンも使いません!

その作り方はこちらの記事に書いたのでよければご覧ください。
マグネットウバッグの簡単な作り方を発見!

コメント

タイトルとURLをコピーしました