Town Starで仮想通貨を稼ぐやり方

プレイすることでトークン(仮想通貨)がもらえるTown Starというゲーム。
Town Starでトークンを獲得するには、GALAの所持とNFT(ゲームアイテム)の配置が必要です。
そのやり方を紹介します。

Town Starがどんなゲームなのか、アカウント作成がまだの方は、仮想通貨を稼ぐゲーム Town Starの遊び方とレビューをご覧ください。

可愛らしく、やり込み要素があるので、楽しいです。

スポンサーリンク

トークンを得るためには

トークンをもらうには、デイリーチャレンジをクリアする必要があります。
これをクリアするとTownCoinというトークンがもらえるようになっています。

TownCoinを獲得するには条件があります。

条件

starを溜める
GALAの所持とNFTの配置

まずゲームをプレイしてstarを溜めます。starは物を売ると増えます。作るのが大変なものほど、もらえるstarも多くなる傾向があります。
何がどれだけのstarをもらえるのかは、こちらのスプレッドシートで確認してみてください。

Town Star - Current Craft Points-Prices-Time - Excel
Sheet1 Item Name,Selling Price ($),Selling Points (Stars),Selling Price x10 ($),Selling Points x10 (Stars),Selling Price x100 ($),Selling Points x100 (Stars),C...

必要なstarの数は日によって変わります。
最初は500、次の日は750、その次の日は1000、、、というように段階的に増えていくようです。
詳しくはタウンスター: 動的スター・チャレンジで確認できます。


もうひとつの条件として、GALAの所持とNFTの配置が必要になります。
GALAは仮想通貨の名称です。GALAをガラウォレットに入れる必要があります。
そしてそのGALAでNFTを購入して、ゲーム内に配置します。

NFTを購入しても、GALAがガラウォレットに1枚以上残るようにしてください。GALAが1枚以上ウォレットにないとTownCoinの獲得ができなくなります。

また、NFTをたくさん置いてTownCoinをたくさん稼ぎたい場合は、必要なGALAの枚数が変わってきます。
詳しくは【必見】Town Star 必須知識とゲームのQ&Aまとめの「TownCoinをたくさんもらいたい」の欄を参考にしてみてください。

NFTを選ぶ

まず最初にどのNFTを購入するか決めてから、お金を用意するのがいいと思います。

NFTはこちらのスプレッドシートがわかりやすいかと思います。もらえるTownCoinの枚数やどんな効果があるのかが記載されています。

TOWN報酬枚数は変更される可能性があるので保証できません
シート1 NFT Name,TOWN報酬枚数,NFT名,配置条件,近接半径,近接効果,最終更新 Ancient Bitrue Wheat,3075,

TownCoinの枚数などは変更になることがあるので、こちらも合わせて確認するのがいいかと思います。

ALL VALUES SUBJECT TO CHANGE - NFT TC values - Google ドライブ

NFTの価格は、Gala GamesのストアやOpenSeaで確認してみてください。

Gala Gamesのストア → https://app.gala.games/store

OpenSeaのTown Star → https://opensea.io/collection/town-star

OpenSeaは偽物が出回ることがあるので、チェックマークなどを確認して偽物に引っかからないように注意してください。

もうひとつ注意点として、購入するNFTは街に配置できるものを選んでください
スキンやロボットのパーツは配置ができないので、TownCoinを獲得できません。


初心者の方におすすめのNFTは、Gala Gold Membershipになるともらえる「Express Depot」か、ストアで販売されている「Water Tank」かなと思います。

Express Depotは、費用が50ドルほどで、獲得TownCoin1枚です。
Gala Gold Membershipになるやり方は、Town Star Gold Membershipの登録の仕方を参考にしてみてください。

Water Tankは、費用が300ドルほどで、獲得TownCoinが3枚だったと思います。
このNFTはストアで購入することができるので、下記で購入の仕方を紹介します。

この記事ではGala Gamesのストアで販売しているNFTの購入の仕方を紹介しています。
もし買いたいNFTがストアではなくOpenSeaにある場合は、Town StarのNFTを、OpenSeaで買うやり方を読んでみてください。こちらにOpenSeaでの購入の仕方をまとめています。

GALAの所持

ストアでNFTを購入するためにGALAをガラウォレットに用意していきます。

GALAをガラウォレットに入れるやり方は、GALAを取引所などで入手して、ガラウォレットに送ります。
GALAを購入できる取引所は以下のようです。

ここではBinanceでのやり方を載せておきます。

Binanceの口座を持っていない方は口座開設をしましょう。口座開設は無料でできます。取り扱っている通貨の種類も多いので、仮想通貨取引をするなら持っておきたい口座です。

ここから登録してもらうと、取引手数料の10%が還元されるようになっています。普通に登録するよりお得なので、登録がまだの方はこちらから登録してみてください。


BinanceでGALAを購入します。
Binanceにお金が入っていない場合は、日本の取引所でBTCやETHなどを購入して送金しましょう。

日本の取引所の選び方や送金の仕方は、仮想通貨の購入の仕方と、MetaMaskの入手方法と使い方を参考にしていただければと思います。


BinanceでGALAに交換できる通貨は、USDT、BUSD、BNB、BTCなどになっています。
まずはこれらの通貨の中からどれかを用意します。

画像ではBTCでおこなっています。
GALA/BTCで、BTCをGALAに替えます。「買い」をタップ。

欲しいGALAの数量を入力します。あとで送金する時に手数料がかかるので多めに購入するのがいいと思います。
入力したら「購入」をタップ。

取引が成立してウォレットにGALAが入ったら、「GALA」をタップ。

「出金」。

出金の詳細を入力していきます。

アドレスはガラウォレットのアドレスを入れます。「インベントリー」→「GALA」→「Get GALA」でアドレスが表示されます。これをコピーして貼り付けます。

ネットワークは「Ethereum(ERC20)」を選択します。違うものを選んでしまうと送金できずにお金が消えるので注意してください。

金額を入力します。

最後に手数料を確認しておきましょう。実際に送金されるのは画面下の受取額の金額になります。
これで「出金」します。数分で送金が完了すると思います。


GALAをガラウォレットに入れることができたら、次はNFTの購入です!
といきたいところなのですが、NFTの購入には手数料としてETHが必要になります
なのでETHもガラウォレットに入れます。

GALAと同じように、取引所からガラウォレットに送るか、
MetaMaskなどのウォレットにETHを持っていたら、そのウォレットからガラウォレットに送ることもできます。

BinanceでETHを送るのはGALAと同じようにできます。先ほどの「GALA」を「ETH」に置き換えて同じようにやってみてください。


ここではMetaMaskからガラウォレットに送金するやり方を紹介します。
MetaMaskにETHがあれば、Binanceで購入して送金するより、MetaMaskから送金するほうが手数料が安く済むのではないかと思います。

MetaMaskを開いたら、「ETH」を選択し「送金」をタップします。ガラウォレットのアドレスを入れます。

「インベントリー」→「ETH」→「Get ETH」でアドレスをコピーし、MetaMaskに貼り付けます。

次は、送るETHの金額を入力します。
NFT購入時のガス代に使うだけなのでそんなに多額でなくても大丈夫だと思います。とはいえETHのガス代は高いので数千円分はあったほうが無難だと思います。

送金する時はガス代がかかります。MetaMaskにガス代分のETHを残しておかないと送金できないと思うので気をつけてください。
これで送金します。数分で完了すると思います。

これでNFTを買う準備が整いました。

NFTの購入と配置

Gala Gamesの公式サイトの「ストア」を開きます。

NFTを選んだら「Place Order」で購入します。

注文しました。

購入するときの支払い通貨がTOWNになっている場合は、通貨の選択で「GALA」を選んでください。たぶんできると思います。
もしできない場合は、UniswapなどでGALAをTOWNに替えるのがおすすめです。

注文後、NFTが発行されて使えるようになるまでに少し時間がかかります。
ベルのマークを押すと状態を確認することができます。
「AWAITING FULFILLMINT」は発行中です。「INVENTORY」になったら使えるようになります。

NFTを発行できたら、ゲーム画面にある青色のボックスを押します。ここにNFTが入っています。

「Place」で配置します。
NFTの種類によっては、道沿いでないと配置ができないものもあるので、そのような場合は道沿いに置きましょう。

NFTはトークンを獲得する時だけ配置してあれば大丈夫だそうです。何度でも置いたりしまったりできます。
これでデイリーチャレンジのトークンを獲得できます。
「Collect Rewards」をクリックするとTownCoinを獲得できます。

お疲れ様でした!


これから海外取引所の口座開設をする場合はBinanceがおすすめです。日本語にも対応しています。
ここから登録すると、取引手数料の10%が還元されるようになっています。普通に登録するよりもお得なのでぜひ使ってみてください。



追記
今回はストアでNFTを購入するやり方でしたが、OpenSeaでも購入することができます。
OpenSeaでNFTを購入するやり方は、Town StarのNFTを、OpenSeaで買うやり方にまとめました。
OpenSeaで購入したい方は参考にしてみてください。



追記

Town Starの攻略の仕方をTown Star 攻略の仕方に書きました。
建物や土地がどのような影響を及ぼすのか、どんな戦略でゲームを進めることができるのかをまとめています。

コメント

  1. yama より:

    NFTを置いてデイリーミッションもクリアしたのですが、「Collect Rewards」が黒塗りのままでクリック出来ないようになっております。何か間違ったことをやっておるのでしょか…

    • もふぃ もふぃ より:

      コメントありがとうございます。
      まず、NFTを入手してから24時間はTOWNの獲得ができないことになっています。その後はデイリーチャレンジをクリアすると獲得できることになるのですが、最近はうまく反映されなく黒塗りのままのことが多いようです。解決策としては、リロード、ログアウトログイン、新しいタブで開く、ブラウザを再起動などで、改善するかと思います。少々面倒ではありますが試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました